月別アーカイブ: 2016年11月

基礎化粧品はシンプルにし、治しました。

仕事のストレスでニキビ吹き出物が顔に沢山出来るようになった時に、化粧品を変えてみたり、皮膚科に行ったりしましたが、治まりませんでした。

3年近くニキビに悩まされましたが、出来るだけ顔に付ける基礎化粧品を少なくすることでニキビが治りました。洗顔はクレンジングのあとお湯で洗うだけにして、脂分を取り過ぎないようにしました。

そして基礎化粧品はオールインワンでシンプルに一つだけにし、家にいる時には髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドをしました。そして以前は家にいている時にも、窓から光が入ってくるので、UVローションを付けて日焼け対策をしていましたが、窓にはUVカットフィルムを貼り、顔にUVケアのものを付けないでいいようにしました。

顔に色んな基礎化粧品を塗らないようにしてからニキビが一気に引いて行きました。UVケアは肌にとても刺激があったようで、家にいる時に付けなくなっただけでも赤い痒みが引きました。

化粧品には色んな成分が入っていますので、あれやこれやと付ければ付けるだけ肌に負担をかけていると記事で読んで、シンプルにするのが大切だと気付き、色んな化粧品を塗らないようにしましたが、その通り一気にニキビが治りました。

ニキビゼロのお肌を手に入れよう

ニキビができてしまう原因の多くは、毛穴汚れにあります。
外気に触れた肌はそれだけで汚れますし、メイクがきちんと落としきれていなかったり、汚れた手で触ってしまったりと、毛穴汚れの原因は様々です。

毛穴の汚れが気になるからと言って、一日に何度も洗顔をしたり、力を込めて洗顔をしたり、タオルでゴシゴシ拭いたりしては逆効果です。
一日に何度も洗顔してしまうと、本来肌が必要としている皮脂まで洗い流してしまうことになり、お肌が乾燥している状態になってしまいます。

乾燥が、お肌には一番良くないのです。
お肌が乾燥していると、乾燥を防ごうと皮脂を作りお肌を潤そうとします。
そうすると、自然に毛穴が開き、とても汚れやすくなりますし皮脂に汚れが付着して衛生的ではなくなります。

そして、お肌が乾燥していると、どんなに高い化粧品を使っていても、そのほとんどは肌の奥まで浸透してくれなくなります。
肌の奥まで浸透しなければ、どんなに良いものを使っていても勿体無いことをしていることになります。

まずは、お肌の乾燥を防ぐことから。
皮脂で顔がベタベタしていても、潤っているわけではありませんから勘違いしないように。
洗顔後、一度ホットタオルなどで顔全体を温め、毛穴が多少開いた状態で化粧水などをゆっくり優しく浸透させていくと良いでしょう。